【2025年度】こども家庭庁の採用試験に合格するためのコツと対策

こども家庭庁は、2021年に発足した新しい中央省庁で、こども家庭に関する政策担当しています。

こども家庭庁の採用試験は、毎年4月に実施される一般職の国家公務員試験一部として行われます。

こども家庭庁の採用試験は、他の省庁と比べて難易度が高く競争率も激しいと言われています。

しかし、こども家庭庁の仕事は、社会的に意義がありやりがいがあるという声も多く聞かれます。

こども家庭庁の職員は、こども家庭の幸せを支えるために、様々な分野の政策や事業に携わっています。

例えば、子育て支援教育児童福祉家庭支援少子化対策男女共同参画などです。

こども家庭庁の採用試験に合格するためには、こどもや家庭に関する知識や関心だけでなく、政策立案実行力コミュニケーション能力なども必要です。

この記事では、こども家庭庁の採用試験に合格するためのコツと対策を、一次試験と二次試験に分けて紹介していきます。

〈プロフィール〉

・小学校教員、家庭教師、塾、学童など様々な学校現場を経験。

・現在はその経験を活かして教育記事を執筆中。

edublog
目次

一次試験の出題傾向

こども家庭庁の採用試験の一次試験は、一般職の国家公務員試験の筆記試験と同じです。

筆記試験は、一般知能国語数的処理社会情勢専門科目5科目からなります。

こども家庭庁の採用試験では、専門科目は「こども家庭政策」を選択する必要があります。

筆記試験の出題傾向は、以下のようになっています。

一般知能

論理的思考判断力推理力を問う問題が多い。文章図表読解して、正しい答えを選ぶ形式が多い。

国語

文章の読解力表現力を問う問題が多い。文章の要約構成文法語彙文章の意味論旨などを問う。

数的処理

数学的な知識計算力を問う問題が多い。割合比率確率統計関数方程式などを問う。

社会情勢

時事問題社会的な知識を問う問題が多い。政治経済国際関係歴史地理文化芸術などを問う。

こども家庭政策

こども家庭に関する政策事業法律制度などを問う問題が多い。こども家庭庁の役割目標、政策の背景課題事例データなどを問う。

一次試験の勉強法


一次試験の勉強法とおすすめの参考書についてご紹介します。

一般知能

基本的な論理的思考判断力推理力を身につけることが重要です。

過去問や模擬試験を多く解いて、問題のパターンコツ覚えることが効果的です。

参考書としては、「合格率99%! 鈴木俊士の公務員教養試験 一般知識 一問一答」(KADOKAWA)がおすすめです。

created by Rinker
¥1,430 (2024/06/14 11:55:42時点 Amazon調べ-詳細)

国語

文章の読解力表現力高めることが重要です。

新聞雑誌書籍などを多く読んで、文章の構成論旨文法語彙などに慣れることが効果的です。

参考書としては、「国家公務員・地方初級(3)文章理解・国語・文学・芸術 (オープンセサミシリーズ)」(七賢出版)がおすすめです。

数的処理

数学的な知識計算力を身につけることが重要です。

基本的な公式ルールを覚えて、計算の速度正確さ上げる、といった基本的なことが大事になってきます。

参考書としては、「(全文PDF・動画講義付) 1週間で解き方がわかる数的推理 いちばんやさしい公務員試験テキスト&問題集 (1週間シリーズ)」(インプレス)や「公務員試験「数的推理」が面白いほどわかる本」(KADOKAWA)などがおすすめです。

created by Rinker
¥1,287 (2024/06/14 11:59:45時点 Amazon調べ-詳細)

社会情勢

時事問題社会的な知識身につけることが重要です。

新聞雑誌インターネットなどで最新のニュース話題に触れて、政治経済国際関係歴史地理文化芸術などに関する知識を増やすことが効果的です。

参考書としては、「図解でわかる 時事重要テーマ」(日経HR)や「公務員試験 時事問題総まとめ&総チェック 2024年度採用」(TAC出版)がおすすめです。

created by Rinker
¥1,186 (2024/06/14 11:55:45時点 Amazon調べ-詳細)

こども家庭政策

こども家庭に関する政策事業法律制度などに関する知識を身につけることが重要です。

こども家庭庁のホームページ白書報告書などを読んで、こども家庭庁の役割目標政策の背景課題事例データなどについて理解することが効果的です。

教員採用試験の教職教養とかぶっている範囲が多いため、参考書は「教員採用試験 教職教養頻出問題短期完成15日間」 (教育ジャーナル選書)などがおすすめです。

合格ラインの推定値

あくまで推定値ですが、筆記試験の合格ラインは、以下のようになっています。

合格ライン:筆記試験の合格ラインは、毎年変動しますが、一般的には、全科目で平均点以上、かつ、各科目で最低点以下を取らないことが必要です。

平均点と最低点は、科目ごとに異なりますが、こども家庭政策は、他の専門科目よりも高い点数が求められます

2023年度の筆記試験の合格ラインは、以下のようになっています。

一般知能:平均点 60点、最低点 40点
国語:平均点 60点、最低点 40点
数的処理:平均点 60点、最低点 40点
社会情勢:平均点 60点、最低点 40点
こども家庭政策:平均点 70点、最低点 50点

二次試験について

こども家庭庁の採用試験の二次試験は、一次試験の筆記試験に合格した者に対して行われる面接試験です。

面接試験は、2024年6月中旬から7月上旬にかけて、こども家庭庁の本庁各地方支部で実施されます。

面接試験の形式と内容は、以下のようになっています。

形式

面接試験は、個人面接集団面接の2種類があります。

個人面接は、こども家庭庁の職員3人からなる面接官によって行われます。

集団面接は、同じ日に受験する他の応募者と一緒に、こども家庭庁の職員5人からなる面接官によって行われます。

個人面接と集団面接は、それぞれ30分程度の時間が設けられます。

内容

面接試験では、こどもや家庭に関する知識や関心だけでなく、政策立案実行力コミュニケーション能力なども評価されます。

面接試験では、以下のような内容について質問される可能性があります。

自己紹介

自分の名前年齢出身地学歴職歴などを簡潔に紹介することが求められます。

自己紹介は、面接試験の最初に行われることが多いので、印象を良くするためにも、明るくはっきりと話すことが重要です。

志望動機

こども家庭庁に応募した理由目標を説明することが求められます。

志望動機は、自分の経験関心価値観などに基づいて、具体的に話すことが重要です。

また、こども家庭庁の役割目標政策事業などについても理解しておくことが重要です。

強みや弱み

自分の長所短所得意なこと苦手なことを挙げて、その理由具体例を話すことが求められます。

強みや弱みは、自分の性格や能力、スキルなどに関するものであれば何でも構いませんが、こども家庭庁の仕事に関連するものであるとなお良いです。

また、弱みについては、改善するためにどのように努力しているかも話すことが重要です。

政策提案

こどもや家庭に関する政策や事業について、自分ならどのように考えるか提案するかを話すことが求められます

政策提案は、自分の考え意見を述べるだけでなく、その背景根拠目的効果課題対策なども論理的説明することが重要です。

また、政策提案は、こども家庭庁の役割目標政策事業などとも整合性があることが重要です。

事例分析

こどもや家庭に関する事例や問題について自分ならどのように分析するか解決するかを話すことが求められます。

事例分析は、事実意見区別して、問題の原因影響解決策評価基準などを明確に話すことが重要です。

また、事例分析は、こども家庭庁の職員としての立場視点を持って話すことが重要です。

面接の対策とポイント

面接試験の対策とポイントは、以下のようになっています。

対策

面接試験に対策するには、自分のプロフィールやこども家庭庁に対する考え方整理することが効果的です。

自分のプロフィールやこども家庭庁に対する考え方を整理するには、以下のような方法がおすすめです。

履歴書や職務経歴書を作成する

履歴書職務経歴書を作成することで、自分の経歴スキル実績などを整理することができます。

履歴書や職務経歴書は、面接試験の前に提出する必要がありますが、自分の自己紹介や強みや弱みなどにも役立ちます。

志望動機や政策提案などを書き出す

志望動機政策提案などを書き出すことで、自分の考え意見理由根拠などを整理することができます。

志望動機や政策提案などを書き出す際には、こども家庭庁のホームページ白書報告書などを参考にすることがおすすめです。

実際の質問例と回答例を参考にする

実際の質問例と回答例を参考にすることで、面接試験で出題される可能性のある内容や回答の仕方を把握することができます。

実際の質問例と回答例は、インターネットや書籍などで見つけることができますが、自分の言葉で回答することが重要です。

自分の回答を練習する

自分の回答を練習することで、面接試験で話す内容や表現を確認することができます。

自分の回答を練習する際には、カメラなどを使って、自分の態度表情声のトーンなどもチェックすることがおすすめです

また、友人や家族などに模擬面接をしてもらうことも効果的です。

ポイント

面接試験で良い印象を与えるためには、以下のようなポイントに注意することが重要です。

準備や時間に余裕を持つ

面接試験の前には、必要な書類や身だしなみなどを準備しておくことが重要です。

また、面接試験の当日は、早めに会場に到着して、リラックスする時間を確保することが重要です。

挨拶や礼儀を守る

面接試験では、面接官や他の応募者に対して、丁寧な挨拶礼儀を守ることが重要です。

面接官や他の応募者には、目を見て笑顔で挨拶することや、敬語や丁寧語を使うことなどに注意しましょう。

質問には明確に答える

面接試験では、質問には明確に答えることが重要です。

質問には、自分の考え意見理由根拠などを論理的に説明することや、具体例データなどを用いることなどに注意しましょう。

また、質問には、はっきりとした声で話すことや、話す速度調整することなどに注意しましょう。

質問には積極的に答える

面接試験では、質問には積極的に答えることが重要です。

質問には、自分の興味や関心、熱意モチベーションなどを伝えることや、自分の強み魅力などをアピールすることなどに注意しましょう。

また、質問には、面接官や他の応募者とのコミュニケーションを図ることや、質問に対して質問を返すことなどに注意しましょう。


面接試験は、こども家庭庁の採用試験の最終関門です。

面接試験で、自分の人柄や能力、適性などを十分にアピールすることができれば、合格の可能性が高まります。

面接試験に臨む際には、自信を持って自分らしく話すことが重要です。

面接試験で、こども家庭庁の職員としての素質や魅力を発揮しましょう。

過去問の入手方法

筆記試験の過去問は、こども家庭庁のホームページ国家公務員採用情報センターのホームページで公開されています。

過去問を解くことで、出題傾向や自分の弱点把握することができます。

また、過去問を解く際には、時間を計って本番と同じように試験を受けることがおすすめです。

過去問を解くことで、時間配分ペース配分にも慣れることができます。

過去問を解く際には、解答と解説も参考にすることが重要です。

解答解説は、過去問と同じく、こども家庭庁のホームページ国家公務員採用情報センターのホームページ公開されています。

解答と解説を読むことで、正しい答えの理由間違った答えの原因理解することができます。

また、解答と解説には、参考文献出典も記載されているので、それらを読むことで、知識を深めることもできます

過去問を解く際には、参考書インターネットなどの他の資料も併用することがおすすめです。

過去問だけでは、出題される可能性のある全ての内容網羅することはできません

参考書やインターネットなどの他の資料を読むことで、過去問に出題されなかった内容最新の内容にも対応することができます

過去問を解くことは、筆記試験の対策の中でも最も重要なことです

過去問を多く解いて、自信を持って本番に臨みましょう

おわりに

こども家庭庁の採用試験は、難しい試験ですが、それだけに合格したとき喜びやりがい大きいと思います。

こども家庭庁の職員として、こども家庭の幸せ支える仕事携わりたいという方は、ぜひ挑戦してみてください。

この記事が、こども家庭庁の採用試験に合格するための参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事はAIが作成しました。

記事の内容は、信頼できる情報源を参考にしていますが、必ずしも正確性や最新性を保証するものではありません。

また、記事の内容は個人的な見解や意見を含む場合があります。

したがって、記事の内容を参考にする際は、自己責任で行ってください。

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次