【国語の苦手を克服】6年生の読解力と漢字力強化の5つのポイント

この記事では、国語が特にわからない6年生の子どもをもつ保護者を対象に、国語の勉強法についてご紹介します。

国語は、読解力と漢字力が重要な科目です。

読解力とは、文章を読んで内容や意図を理解する力のことです。

漢字力とは、漢字の読み方や書き方を正しく覚える力のことです。

これらの力を高めることで、国語のテストで高得点を取るだけでなく、中学校以降の勉強や生活にも役立ちます。

そこで、この記事では、6年生のための読解力と漢字力を強化する5つのポイントをお伝えします。

それぞれのポイントには、具体的な勉強方法やおすすめの教材も紹介します。

ぜひご参考ください。

〈プロフィール〉

・小学校教員、家庭教師、塾、学童など様々な学校現場を経験。

・現在はその経験を活かして教育記事を執筆中。

edublog
目次


1.文章を読む前に予測する

文章を読む前に、タイトルや見出し、イラストなどから内容やテーマを予測することで、読解力を高めることができます。

予測することで、文章に対する興味や関心が高まり、集中して読むことができます。

また、予測した内容と実際の内容を比較することで、文章の構成や論理展開を理解しやすくなります。

詳しく知りたい方は『東大読書』(著:西岡壱誠)をお読みください。

created by Rinker
¥1,386 (2024/06/14 13:04:09時点 Amazon調べ-詳細)

勉強方法

  • 予測する際には、「どんな話か」「どんな人物が出てくるか」「どんな問題が起きるか」「どんな結末になるか」などを考えてみましょう。
  • 予測した内容はメモしておきましょう。文章を読んだ後にメモと比較してみましょう。
  • 予測した内容と実際の内容が異なる場合は、「なぜ違っていたか」「どこで違っていたか」を考えてみましょう。

2.文章を読む際に要約する

文章を読む際に、段落ごとや文ごとに要約することで、読解力を高めることができます。

要約することで、文章の主旨や重要なポイントを把握しやすくなります。

また、要約した内容を順番に並べることで、文章の流れや構造を理解しやすくなります。

勉強方法

  • 要約する際には、「誰が」「何を」「どうしたか」などを簡潔に表現しましょう。
  • 要約した内容はメモしておきましょう。文章全体を読んだ後にメモを見直してみましょう。
  • 要約した内容から文章のテーマやメッセージを考えてみましょう。

3.文章を読んだ後に復習する

文章を読んだ後に、内容や印象を復習することで、読解力を高めることができます。

復習することで、文章の理解度や記憶力を確認し、定着させることができます。

また、復習する際には、自分の意見や感想を述べることで、文章に対する思考力や表現力も鍛えることができます。

結果を出している人は、たいてい復習にも力を入れています。

勉強方法

  • 復習する際には、「どんな話だったか」「自分はどう感じたか」「自分はどう考えたか」などを考えてみましょう。
  • 復習した内容はメモしておきましょう。他の人とメモを交換してみましょう。
  • 復習した内容から文章の良かった点や改善すべき点を考えてみましょう。

4.漢字の読み方や書き方を覚える

漢字は、国語の基本的なスキルです。

漢字の読み方や書き方を正しく覚えることで、国語のテストで高得点を取るだけでなく、中学校以降の勉強や生活にも役立ちます。

漢字の読み方や書き方を覚えるためには、反復練習が必要です。

毎日少しずつでも漢字の練習をすることで、漢字力を高めることができます。

詳しく知りたい方は以下の書籍がおすすめです!

created by Rinker
¥1,650 (2024/06/14 13:04:09時点 Amazon調べ-詳細)

勉強方法

  • 漢字の読み方や書き方を覚える際には、「音読み」「訓読み」「部首」「画数」「意味」などを確認しましょう。
  • 漢字の練習は、書き取りや読み取りなどの問題形式で行いましょう。
  • 漢字の練習は、毎日決まった時間に行いましょう。定期的に復習もしましょう。

5.塾や家庭教師に頼る

塾や家庭教師は、国語の勉強をサポートしてくれるプロです。

塾や家庭教師に頼ることで、読解力と漢字力を高めることができます。

それ以外にも、以下のようなメリットがあります。

  • 自分の弱点や課題を見つけてもらえる
  • わからないところや疑問に思ったところをすぐに質問できる
  • 効果的な勉強法や教材を紹介してもらえる
  • モチベーションや自信を高めてもらえる

塾や家庭教師は高くて敬遠している方もいるかもしれません。

そんな方にはオンライン家庭教師という選択を自信をもって強くお勧めしています。

合うかどうかわからない方は初回の無料体験だけでもお試しください。

塾や家庭教師に頼るためには、以下のような工夫をしましょう。

  • 自分の目標や期待を明確に伝える
  • 塾や家庭教師からのアドバイスやフィードバックを素直に受け入れる
  • 塾や家庭教師とのコミュニケーションを積極的にとる

詳しくは以下の記事で解説しているのでこちらもご覧ください!

塾や家庭教師は勉強のパートナーです。

小学6年生は、塾や家庭教師に頼って国語力を高めるのもひとつの手です!

まとめ

国語が苦手なお子さんをお持ちの保護者の方は、中学校に入ると国語の勉強が難しくなるのではないかと心配されているかもしれません。

しかし、国語が苦手でも大丈夫です。

国語は、読解力漢字力などの基本的なスキルを身につければ、徐々に得意になることができる科目です。

この記事では、小学6年生のための国語力を高める方法として、以下の5つのポイントをお伝えしました。

  • 文章を読む前に予測する
  • 文章を読む際に要約する
  • 文章を読んだ後に復習する
  • 漢字の読み方や書き方を覚える
  • 塾や家庭教師に頼る

これらのポイントを実践すれば、お子さんの国語力は確実に向上するでしょう。

また、国語力が高まれば、他の教科も楽しく学べるようになりますし、中学校での勉強にも役立ちます。

保護者の方は、お子さんの国語の勉強を応援してあげてください。

お子さんは、保護者の方の愛情と支援を感じて、自信を持って国語に取り組むことができます。

国語が得意になることは、お子さんの人生にもプラスになります。

落ち込みたくなる日もあるかもしれませんが、お子様の成長に目を向けながら楽しく一緒に学んでいけることを願っています。

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次