『結局、定時退勤が子どもたちのためになる』を読んでみた【感想・口コミまとめ】

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

結局、定時退勤が子どもたちのためになる』は、教師の働き方について書かれたベストセラーです。

著者は、5時に起きて5時に帰る小学校教員であり、定時退勤の仕事術をSNSで発信しているこうさんです。

この本では、定時退勤が子どもたちのためになる理由や方法を、具体的で分かりやすい例を交えて紹介しています。

この記事では、実際に『結局、定時退勤が子どもたちのためになる』を手に取った方々の生の声を集め、その魅力や具体的にどのように本書が活用されているのか解説していきます!

〈プロフィール〉

・小学校教員、家庭教師、塾、学童など様々な学校現場を経験。

・現在はその経験を活かして教育記事を執筆中。

edublog
目次

Twitterでの口コミ

子どものために長く働いている人に読んでほしい一冊

働き方を見直すきっかけに

ICT活用のヒントが得られる

校務の効率化を図るヒントが学べる

5章は仕事の効率化と学習成果向上の両立、7章はツールを生かして授業の質を高める方法について具体的に記されています!

作者より

どれだけ探してもいい口コミしか見つかりませんでした・・・。

本書を読んでわかること

この本を読んでわかることは、以下のようなものがあります。

定時退勤すると子どものためになる理由

定時退勤が子どもたちのためになる理由は、教師自身が心身ともに健康であることが必要だからです。

定時退勤することで、自分の時間や家族との時間を大切にできます。

また、教師が笑顔でいることで、子どもたちも笑顔になり、授業や学級経営がスムーズになります。

定時退勤する具体的な方法

定時退勤を実現する方法は、仕事の優先順位を明確化することや、タブレットを駆使することなどが挙げられます。

仕事の見極めやスケジュール管理を工夫することで、効率的に業務をこなすことができます。

また、ICT活用や教材研究の工夫をすることで、授業の質を高めることができます。

定時退勤する裏技

定時退勤を実現するための裏技は、打ち合わせ内容を朝に伝えておくことや、保護者連絡をお昼の時間帯にすることなどがあります。

これらの裏技は、仕事の速度を上げるだけでなく、同僚や保護者との関係づくりにも役立ちます。

本書を読んだ感想

私は、教師として働き始めてから、常に時間に追われている感じがしていました。

授業や学級経営はもちろん、教材研究や評価、保護者対応など、やらなければならないことが山積みで、なかなか定時退勤できる日がありませんでした。

家族との時間も十分に確保できない現状に不安になり非常勤講師へと職種を変えました。

そんなときに目にしたのが、この本結局、定時退勤が子どもたちのためになるでした。

実際に読んでみると、定時退勤が子どもたちのためになる理由や方法が、とてもわかりやすく紹介されており、教師の働き方について考え直すきっかけを得ました。

この本の中で特に印象に残ったのは、定時退勤のための三原則です。

それは、「後回しにしない」「子どもの成長につながらない仕事はやらない」「時間対効果を考える」というものです。

私はこれらの原則を意識して仕事をするようになりました。

すると、仕事の優先順位が明確になり、効率的に業務をこなすことができるようになりました。

また、自分の時間や家族との時間を大切にできるようになりました。

この本は既存の働き方改革の本とは一味違う内容を持っています。

私はこの本を読んで、教師生活がもっと豊かになるヒントが得られたと感じています。

そして、定時退勤は子どもたちのためにも自分のためにも良いことだと実感しました。

ぜひ一度手に取ってみてください。

特にどんな人におすすめか

万人におすすめできる本書ですが、特におすすめしたい人を挙げます!

仕事とプライベートのバランスを取りたい人

この本では、定時退勤することで、自分の時間や家族との時間を大切にできることが分かります。

また、自分の体調や気分を整えることで、仕事のパフォーマンスも向上することが分かります。

仕事とプライベートのバランスを取りたい人は、この本を読んで、定時退勤のメリットや方法を学ぶことができます。

働き方改革に興味がある人

この本では、定時退勤を実現するための工夫や裏技が紹介されています。

仕事の見極めやスケジュール管理、ICT活用や教材研究など、効率的に業務をこなすポイントが満載です。

また、トータルウィン=自分以外の人も納得できるように考えることが大切だという考え方も示されています。

働き方改革に興味がある人は、この本を読んで、自分の仕事に役立つヒントを得ることができます。

教育現場に関心がある人

この本では、教師の業務や課題について詳しく書かれています。

授業や学級経営はもちろん、教材研究や評価、保護者対応など、教師がどんな仕事をしているかが分かります。

また、教師が笑顔でいることで、子どもたちも笑顔になり、学校全体が活気づくことが分かります。

教育現場に関心がある人は、この本を読むことで教師の働き方や子どもたちの成長について知ることができます。

まとめ

この記事では『結局、定時退勤が子どもたちのためになる』を読んでみた感想と口コミをまとめてみました。

この本では、定時退勤が子どもたちのためになる理由や方法を紹介しており、教師だけでなく子どもや周りの人も幸せにするトータルウィンな働き方を提案しています。

この本を特におすすめしたい人は、仕事とプライベートのバランスを取りたい人、教育現場に関心がある人、働き方改革に興味がある人です。

この本を読めば、教師生活がもっと豊かになるヒントが得られるでしょう。

ぜひ一度手に取ってみてください。

こちらから購入できます。

created by Rinker
明治図書出版
¥2,156 (2024/05/21 11:06:36時点 Amazon調べ-詳細)

また、忙しい教員にこそAudibleをおすすめする記事も人気です。

限られた時間情報収集したい方はぜひご覧ください!


よかったらあわせてこちらもご覧ください。

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次